徹底ランキング!auのiphone買取なら買取太郎!

TOP > iphoneの買取情報 > 計量計測のトレーサビリティは必要なワケ

計量計測のトレーサビリティは必要なワケ

 計量計測において、必要だと言われているのがjcssとトレーサビリティというものです。計量計測には正確さが不可欠であり、jcssとトレーサビリティはこの正確さを証明するものだからです。jcssとは、日本の国が定めた標準器によってその計量計測器が校正されていることを証明する制度です。校正とは、標準器とズレを比較して不確かさを導き出すことで、これを行うことで、同じ標準器によって校正された計量計測器との互換性が生じ、また数値に信頼性が与えられます。
 もちろん、jcss以外にも計量計測器の校正基準はあります。計量検定というものもあり、また日本ではなく世界で決められたISOというものもあります。しかし、日本で計量計測を行うなら日本の標準器で校正されているのが最も便利です。

 一方トレーサビリティとは、定義によると、個々の校正が測定不確かさに寄与する、文書化された切れ目のない校正の連鎖を通じて、測定結果を計量参照に関連付けることができる測定結果の性質のことを指します。これを具体的にすると、切れ目のない校正の連鎖、測定の不確かさ、文書化、校正技術、国際単位系を参照、適切な周期での再校正の六つが求められます。
 切れ目のない校正の連鎖とは、例えばaという計量計測器がbという計量計測器によって校正されていて、bはcという計量計測器によって校正されている、というように大元を遡れることです。測定の不確かさは、前述のように校正する標準器とのズレです。それを文書化することで証明します。そして、トレーサビリティの信頼性は校正技術のある人が、国際単位系を参照して行っていることと、定期的に再校正している事が必要です。

 jcssとトレーサビリティが必要な理由は、何度も言っているように数値に信頼性を持たせるためです。この二つがなければ、計量計測器が日本標準器によって校正されている事が分からないので、例えば研究や実験で測定を行った時、その結果に日本行政が承認を与えることができません。さらに、トレーサビリティがないと、他の計量計測器と互換性があるかどうかが分からず、大量生産を行う時にズレの可能性を考慮して使えなかったりという事態が起きることもあります。
 それくらい、計量計測器のズレがないことは大切で、それを証明するjcssやトレーサビリティも大切です。トレーサビリティの必要な計量計測器は、例えば定規やメジャー、天秤はもちろん、気圧計や温度計、電流計、ストップウォッチや時計にもあてはまります。

MENU

ページの上部へ戻る