通塾時に活躍する最新の防犯グッズ

通塾 防犯
通塾時に持たせる防犯グッズは、さまざまありますが、やはり防犯ブザーがもっともメジャーなアイテムです。相手を威嚇し、周囲を傷つけることのないものですので、こどもにも持たせやすいという特徴があります。また防犯ブザーを鳴らすことで警備会社に直接連絡が入るというものもありますが、こちらは警備会社に直接、申し込みをする必要があり、少し高額になります。スマホに警備会社との連絡手段のあるキッズスマホもありますが、やはり契約料などお金がかかります。もちろんお金をかけても子供を守るという点は大切ですが、状況にもよりますので、全ての方におすすめをしているわけではないです。また防犯ブザーも正しい使い方を覚える必要があります。子供の通塾時間は、子供が学校から帰る時間に被る事が多く、犯罪は人通りの少ない場所で行われることが多いです。むやみやたらとブザーが鳴れば、周囲の人は子供のミスだと判断してしまいます。

通塾時にも正しい防犯意識をもってもらうことが大切

通塾時はさまざまな時間があります。子供の年齢によっても違いますが、やはり夕方から夜に行き帰りとなります。それは犯罪が不安になる時間帯でもあります。子供の連れ去りは夜中のイメージもあり、実際に暗がりで襲われる事も発生していますが、夕方の帰り道の人気のない場所でも起きています。公園を通って塾に行く子供がいる時は注意してあげる必要があります。それは公園に死角がある場合、そこで犯罪が行われている可能性もあるからです。公園は楽しい場所であることが正しい姿です。公園を使う時に注意する点を教えることは防犯につながります。どんなに防犯グッズを持っていても、大人が本気で子どもをどうにかしようと思えば、簡単にどうにか出来てしまう事の方が多いのです。隙を作らないことこそ、防犯グッズよりも大切な防犯方法です。

通塾時の防犯グッズはブザー以外にもいろいろある

防犯グッズも防犯ブザー意外に様々なものがあり、余計なものを持って行ってはいけない学校とは違い、ある程度は許容されることが多いです。そのほとんどが護身用の商品が多く、特殊警棒や体に仕込む盾、メリケンサック、催涙スプレーと攻撃的なものも多く存在します。自分を守るためには大切であり、日頃から使い方を学んでおくことは大切ですが、それで犯罪者以外の方に怪我を負わせては自分が加害者になってしまいます。通塾時に持たせるものには向かないものもあるので、相談教育の上で使い方を熟知しつつ、塾の行き帰りにのみ装着、使用することを徹底させる必要があります。人に迷惑をかけることが少なく、便利なアイテムとしては、やはりライトです。帰りが遅くなる子どもに持たせることで、トラブル防止にも繋がり、また顔を見られることを嫌がる犯罪者にとっては、近寄りたくないと思わせるアイテムにもなります。