通塾するお子さんの防犯に役立つグッズはここで見つける

通塾 防犯
近年ではほとんどの子供は塾通いをしているといいます。どうしても夜遅くなってしまいがちな通塾ですが、共働きしていると毎回お迎えというのも難しいものです。ですが、やはり子供一人で暗くなってから帰宅させてしまうのも心配です。そんなときに考えるものは、やっぱり防犯グッズです。一般的には防犯ブザーがお手頃で認知度が高いと思います。スーパーや量販店、家電量販店、雑貨屋やコンビニなどにも置いてあります。携帯ショップに行くとキッズ用携帯があります。電話機能のないGPSであれば、家電量販店に置いてあるので、携帯電話禁止の学校でも持たせることができます。通塾ルートが人通りの多いところであれば、普通の防犯ブザーでも充分かもしれませんが、ブザーを引くと通報してくれるものや、セキュリティ会社から業者を派遣してくれるものもあります。通学や通塾の間は親の目が届きにくいので、あらゆるケースを考えて吟味する必要があります。

家庭状況やお子さんに合わせた防犯グッズ

少し前であれば防犯グッズと言えば、大きな音を出して近くの人に気づいてもらうということが主な目的とされているものが多くありました。ですが、通信やデジタル化が進み、最近ではGPS付きの防犯ブザーや子供用携帯電話が主流になってきています。形もたくさん用意されていて、キャラクター系のものやカラフルなもの、普通の携帯電話と遜色のないようなものまで幅広く用意されています。中には腕時計の形をしていて、一見しただけでは防犯グッズに見えないものもあります。こうなってくると、GPSのみの機能を持ったものをもたせるのであれば、子供用携帯電話を契約してしまったほうが早いと思われるかもしれません。しかし、学校や塾の方針によっては携帯電話を持たせることができないことがあります。その場合に購入されるのがGPS機能を持った防犯グッズになります。通学や通塾の防犯も大切ですが、規則に則ったものを選ぶことも大切です。

携帯会社なのかセキュリティ会社なのか

通学や通塾の防犯対策にはGPS機能は欠かせないと考えるのであれば、携帯会社かセキュリティ会社と契約することになります。それぞれで料金やサービス内容も違ってくるので、希望にあったものを見つける必要があります。たいてい通信機能がついていることになりますが、携帯電話を早いうちから持たせることに抵抗があったり、知らないうちに友達と通話やメールをしていて料金が高くなってしまったりすることも心配だと思います。たいていのものは限られた件数の登録先にしか連絡ができないようになっていたり、メールの文面が定型文のみになっていたりするので、そういったものを選ぶこともできます。GPS機能のみのものを持たせる場合は、セキュリティ会社と契約することが多いと思いますが、こちらは現場に派遣してもらったときに別料金が発生したりするので、そういった部分も確認が必要になります。