塾側でも協力できる通塾時の防犯グッズとは

通塾 防犯
小学校の行き帰りや通塾中、外遊びに行ってなかなか帰ってこない時など、何かあったのではないかと子供の事が心配になります。子供が小学生の時は、携帯電話はまだ持たせたくないと考えてしまいます。そもそも、学校に携帯電話は持っていかせられません。しかし、ちゃんと目的地に行ったのか確認したい時があります。通常の塾であれば開始時間と終りの時間が親にも分かっていますが、中には何時から何時までの時間で都合の良い時間に来て、終わり次第帰るという塾もあります。その日の学習の進め具合、プリントの直しの量によって帰宅時間が違うので、今塾にいるのか、帰り途中なのか親は把握できません。そうなると、防犯の為に携帯を持たせ目的地に着いた時と帰りに電話をさせれば良いですが、子供は電話をする事すら忘れる事があります。

通塾中持たせれば防犯対策になるのか

通塾中の防犯対策におすすめなのは、民間の警備会社で契約できる持ち歩ける防犯ブザーです。防犯ブザーにはGPSが付いているので、子供の位置情報がすぐに確認出来ます。他にも、防犯ブザーを押すと警備会社に緊急通報が出来ます。もちろん親もGPSで子供の居場所が分かるので安心です。警備会社によっては、学校や塾に着いた時に監視設定で出入りしたことをメールで教えてくれます。しかし、もし子供が間違ってブザーを鳴らしてしまったらと不安に思うかもしれませんが、間違って鳴らしてしまっても緊急のブザーなのか、間違ってブザーを鳴らしたのかを確認して対応してくれるので大丈夫です。間違いならいいですが、緊急の場合自分が遠くにいてすぐに帰れない時等は、すぐに行動してもらえるのでとても心強いです。

通塾して通う塾側の防犯対レベルの確認

親だけが子供の通塾中の防犯対策を考えるだけでは駄目です。塾を選ぶ際に、塾側でも防犯対策の取り組みをしているかどうかです。いくら親が子供に防犯対策をさせても、親がそばにいない間は安心できないからです。塾によっては子供が帰る時間をメールや電話等で連絡をくれる塾もあり、塾が終わったのに帰って来ない時などにすぐ行動に移す事が出来ます。また、地域によっては塾が緊急時の駆け込み場所になっている事もあるので、何かあった時には子供を預かってくれます。上記の様に、塾側にも防犯対策の意識があるかどうかの見極めは必要です。昔なら地域のつながりがありましたが、今の時代は見ていても見えて無い事が多く起きます。塾とも連携して、駆け付けられない時の為に綜合警備保障会社のブザーを持たせ、安心して子育てをして行きたいものです。